バイク買い取り業者との交渉の心得

バイク王の都合と、こちらの都合

こちらは出来るだけ高く売りたい。バイク王などの業者側は、出来るだけ安く買い取りたいという思惑があるのは致し方ないところです。

ですが、そこは交渉次第で、多少の融通は利くのではないでしょうか。

バイク王などの買い取り業者は、あなたからオートバイを買い取ったあと、必要に応じて整備などを施し、オークションで売却するなどして、利益化をはかります。

つまり、再び市場に出す際に、できるだけ高く売れるような状態の個体であれば、それに応じて高く買い取ることも可能なのです。

自分が高く売ることだけを考えると、交渉というのはなかなか上手くいきません。

バイク王などの業者側の都合も考えて、彼らが再流通させるとき、出来るだけコストをかけず、利益の取れる状態で引き渡してあげる・・・という意識を持つと良いでしょう。

コストというのは、そのオートバイが市場に再流通されるまで、自社の敷地内に保存しておくこともコストだということを知っていますか?

つまり、より早く、市場に戻せるようなバイクであれば、その分、彼らが負担するコストも減るわけです。

欠品パーツがあったり、過度に汚れているものは、それだけ再流通までの道のりも遠くなるので、買い取り金額にも影響が出るのは仕方ないでしょう。

もし、バイクを高く売りたいのであれば、買い取り業者が、どういったルートで利益を出しているのか?という部分に着目してみても良いでしょう。

例えば、バイク王では自社でダイレクトショップを持っているので、オークションに出品するよりも、利益を出しやすい構造になっています。

また、こうした買取専門店には、それぞれ得意な分野というのもあります。

例えば、事故や故障したままでの不動車の場合は、そういった個体を海外輸出や、パーツ単位にバラして利益化するのを得意としている、バイクワンに売却する方が得策です。









Topics

【概要】 こちらは出来るだけ高く売りたい。バイク王などの業者側は、出来るだけ安く買い取りたいという思惑があるのは致し方ないところです。 ですが、そこは交渉次第で、多少の融通は利くのではない…

【NewTopics】

バイク王

menu

新着情報