バイク下取りが、買取業者より安くなるケースとは

バイク買取と下取りの違いは?

バイク買取と下取りの違いは? 俺の友人は一流大学を出ていて学業の方は立派なもんだが一般常識に疎い男がいる。

そいつがいきなり、「バイクを売りたいのだが、買い取りと下取りって何が違うの?結局バイクを売るんだから同じことなんだろ?」と言ってきたのだ。

確かに、バイクを売るという行為で考えればどちらも同じなのだが、ちょっと意味合いが違ってくる。

買い取りというのは、その名の通りそのバイクを買い取って代わりに現金を受け取るという事。その現金で新しいバイクを買うなり、生活の足しにするなりすればいい。

一方、下取りというのは、バイクを買い換えるという時に、新しいバイクを購入する販売店で今まで乗っていたバイクを引き取ってもらい、その金額を新しいバイクの購入資金に充てるというものだ。

じゃあ、なんとなく下取りの方が高く見積もってもらえるのでは?と思うが、必ずしもそうとは限らない。

確かに、新しいバイクを購入するという事で、ちょっと査定を上乗せしてくれる可能性は十分にある。ただ、それもバイクのメーカーや車種にもよるのだ。

例えば、ホンダの専門店で新しいバイクを購入するという場合に、下取りに出すのがフュージョンならば、同じホンダ車であるため高く引き取ってくれる可能性はある。

それは、ホンダの専門店だからこそ、そのバイクを自社で再販することが得意であるし、そのショップに来る客層も、基本的にホンダ車を目当てにしているから、売りやすい・・・という理由がある。

逆に、ハーレー等の外車を購入するという場合にハーレー専門店でホンダのバイクを下取りに出してもそれほど高い査定にはならず、逆に買い取り専門店よりもかなり安くなってしまう可能性もある。

・・・というか、たぶん安い。

結局、下取りしたバイクも最終的には中古車として売ってナンボなのだから、売る術を持っている会社が強いということなのだ。

これは、買い取り専門店によっても実は同じことが言える。

バイク王などの全国規模の大手買い取り専門店は、様々なメーカー・車種に対応し、再流通ルートも確保しているから、すぐに売ることが可能、つまり、利益化することができるので高値で買い取れるのだ。

逆に、小さなバイクショップだと、売るまでに時間がかかる可能性があるから、その分だけ保管費用もかかるし、寝かせている時間が長ければ、それだけ市場価値も下がってしまう。

そのため、そういうリスクを考えると高く買い取ることができない場合も考えられる。

バイクを売る時、買い取りと下取りでどちらがいいかというのは一概には言えないが、バイクを新しく買い換えるという予定がなければ、買い取り業者に売るというのが無難な選択だろう。

また、バイクを買い換えるという場合でも、売るバイクと購入するバイクによって、金額は変わってくるのだから、買い取りと下取りどちらの見積りもとってみるといいかもしれない。

大事なことは、必ずしも下取りが有利になる場合ばかりではないということだ。









Topics

【概要】 俺の友人は一流大学を出ていて学業の方は立派なもんだが一般常識に疎い男がいる。 そいつがいきなり、「バイクを売りたいのだが、買い取りと下取りって何が違うの?結局バイクを売るんだから…

【NewTopics】

バイク王

menu

新着情報