バイク王 ※査定の前の洗車のコツ

バイク王では洗車は不要と言うけれど...

バイク王では洗車は不要と言うけれど... 誰でもバイクの買取査定金額は千円でも高く見積もってもらいたいものだ。

とはいえ、査定というのは今のバイクの現在の状態に対して行われるモノだから、実際売りたいと思った時にはどうする事もできないものだ。

たとえ事故歴を隠そうと思っても、査定のプロの目をもってすれば見抜くのは容易なことだろう。

ましてやエンジンの異音などは、毎日聞き慣れた音なのだからどこが異音なのかも分からない人もいるだろう。第一分かったところでどうする事もできない。

当然だが、査定額のアップのために査定前に修理に出してキズやへこみなどを直すという事もアホのやることだ。確かに査定額はアップするがそれ以上に修理費用がかかるからな。

じゃあ、何もすることがないのか?というと、実はそうではない。

自分でやれることというのは、洗車をして綺麗にしておくという事だろう。もちろん洗車をしたからといって大幅に査定額がアップするわけでもないし、全然変わらないかもしれない。

この点に関してはバイク買取業者によっても意見はまちまちのようだ。

バイクワンでは、査定前には洗車をして綺麗にしておけば印象が違う、とアドバイスしているのだから洗車をした方がいいだろう。一方、バイク王では無理に洗車はしたりせず、手を加えずにそのままの状態で査定を・・・と言っている。

だが、俺の考えだが、やはり泥だらけのバイクよりもパリッとピカピカに仕上がったバイクの方がイメージ的にはいいと思うのだ。

キズがなければ、その点を強くアピールするためにもピカピカの方がいいだろう。

優秀な査定員とはいえ、1人の人間だ。パリッとしたバイクを見ただけで気持ちがいいだろうから、査定アップにもつながる可能性はないともいいきれない。

バイク王では洗車はしなくてと言っているが、これは無理に洗車をしたり磨いたりすることでボディやパーツにキズをつけてしまうのを懸念して言っている事なのだろうと思う。

洗車をするということは、所詮イメージをアップするためのものであり、バイク買取業者が実際に買い取ったバイクを売る時にはもう一度綺麗に磨いてから売るものだから、結局はそこまで無理をして綺麗にしてくれなくてもいいという事なのだ。


ここで、査定前にバイクに施すポイントを伝授しよう。


基本的にカウルや外装は、あまり手を加えない方が無難。やるとするなら水洗いをしてワックスを綺麗にかける程度だろう。当然、キズがあってもそのままにしておくことだ。

バイクをパリッと見せるのに重要なポイントが、実は足回り。

ホイールやブレーキキャリパー周り、スイングアームも奥まで綺麗になっていればより印象度は違う。できればチェーンなどにも目を配るといいだろう。

まぁ、本物のバイク乗りなら、足回りを綺麗に仕上げておくというのは基本中の基本。俺が他のバイク乗りを見た時、そのオーナーの熟練度を計るバロメーターにしているのが、その足まわりの輝きだ。

カスタムパーツをいろいろつけて仕上げていても、その辺をおろそかにするような奴は、俺は真のバイク乗りとは認めない。もし、俺が査定員なら真のバイク乗りの買取査定はアップさせたいと思う。

きっと査定員もそういったイメージを持っている人がいるかもしれないから、やはり査定前にはパリッと仕上げるという事がいいだろう。

ただ、もしキズをつけてしまう、綺麗に仕上げる自信がないという奴は、水洗いで大きな汚れを落とす程度にしておく方がいいだろう。









Topics

【概要】 誰でもバイクの買取査定金額は千円でも高く見積もってもらいたいものだ。 とはいえ、査定というのは今のバイクの現在の状態に対して行われるモノだから、実際売りたいと思った時にはどうする…

【NewTopics】

バイク王

menu

新着情報