バイクを売る時、キズや凹みは修理してから査定を依頼すべき?

動かないバイクでも修理せずに売るべし

動かないバイクでも修理せずに売るべし バイクの買取をしてもらう場合、誰でも思う事が『いくらでもマイナス査定は少なくしたい』ということだろう。

だが、それを間違った解釈をしてしまう奴がいる。

査定の際、キズやへこみ、不具合があればマイナス査定になってしまうのは仕方のないところだ。

俺の友人は、マイナス査定をなくすために、査定の前にバイクを修理に出し、キズも不具合もない状態に修理してしまったのだ。かかった費用は約9万円。

それでも事故歴や修理歴があればマイナス査定になってしまう事はあるが、たしかにキズやへこみ、不具合などがマイナス査定となる事はなかったようだ。

それで友人は「高く買い取ってもらったぞ!直すべきだ」と自慢しているのだ。

だが、よく考えるとお得でも何でもない事に奴は気づいていないのだ。確かにマイナス査定はなくなったが、査定前の修理費がかかっている事を計算に入れていない。

実際、バイク買取専門店は独自の修理工場を持っている事が多いから、万が一、キズや不具合があってもそこで直してしまう。そのためキズへこみなどのマイナス査定分というのは、その修理代金ということになる。

だが他の業者に修理に出したという事は、修理費としてその整備工場に利益をもたらしている。その利益分はムダに支払っているという事になるのだ。

トータル的に考えれば、修理してから査定をしてマイナスがなくなるよりも、キズがあるまま査定を受け、マイナスしてもらう方が費用的にはお得なのだ。

もちろん、その修理業者によっても違うだろうが、それでもキズ等は修理せずに査定してもらう方が損が少ないというのは、まず間違いない。

また、少々の傷であれば自分で磨く事も可能かもしれないが、失敗をして状態が悪化してしまう可能性もあるから、よほど自信がある人以外は、自分で修理するもの避けた方が無難だろう。

ちなみに、バイク王でも『キズはそのままにしてください』と推奨している。軽く洗車をする程度はいいだろうが、結局はありのままのバイクを査定してもらうのが一番なのだ。









Topics

【概要】 バイクの買取をしてもらう場合、誰でも思う事が『いくらでもマイナス査定は少なくしたい』ということだろう。 だが、それを間違った解釈をしてしまう奴がいる。 査定の際、キズやへこみ、不…

【NewTopics】

バイク王

menu

新着情報