バイク買取価格が1ヶ月で8万もダウンする失敗の交渉術

1ヶ月前の査定より安いのはナゼ?

1ヶ月前の査定より安いのはナゼ? バイクの買取をするなら、複数の買取業者に査定してもらえ、というのが基本と言われている。

ヤフオクなどでもそうだが、買いたいという人が多ければそれぞれが競い合い、高値になっていくものだから、バイクだって複数の買取業者に競い合わせれば少しでも査定アップの可能性が出てくるものだろう。

もちろん、それは買取業者だって、周知のことだ。

そのため、出張買取査定に来て、すぐに売買せず保留にすれば、「他の業者さんにも査定を依頼するのですか?」と聞かれるかもしれない。

そんな時は隠さずに『そのつもり』と答えた方が当然いいのだ。場合によっては「この場で決めていただけるなら、ここまで査定額をアップしますよ」ってことを言われるかもしれない。


こういった複数の業者とのやり取りは大切だが、それで失敗をした友人がいる。


まずはじめに大手の買取業者に査定を依頼したそうなのだ(敢えてここでは買取業者名は伏せさせてもらう)。

いろいろ交渉した結果、30万円まで査定額をアップでき、他の業者も見ると言ったら「この場で売ってくれるなら33万円まで出します」とまで言われたのだ。

ところが、それでも売らずにひとまず帰ってもらったらしいのだ。

そして、毎週休みの日に合わせて1週間に1社、3週間かけて3社に査定を依頼したところ、どこでも25万円程度と言われたそうなのだ。

もちろんその友人も、最初の買取業者が33万円で買い取ってくれるというのに、それ以下で売るはずがないのだ。

ところが、最初の買取業者に「じゃあ33万円でいいので買い取ってくれ」といったところ、『それは前回の査定でのことですので、今なら25万円です』と言われてしまったらしいのだ。

33万円と言われたのに、たった1ヶ月で8万円も下落するってあるのかと憤慨していた。

だが実際、バイクの価値というのは日々下落していくものだ。

しかも7月から8月、8月から9月のようにシーズンオフが近い時期の1ヶ月は本当に1日1日でも変わってしまうと思っていた方がいいだろう。

また、どの時期でもその1ヶ月の期間に新モデルが発表になれば、確実に大幅下落は覚悟しなければいけないのだ。

もちろん、「他の業者にも査定を依頼している」と言っておいて、結局自分の所に戻ってきたという事は、他の査定はもっと低かったんだろう、と足元を見られてしまうこともあるだろう。

カワサキZ1やローソンレプリカなどのような、一部のプレミアの付いたビンテージバイクじゃない限り、査定した日よりも月日がたてば査定額は下がっていくと思った方がいいのだ。

だからといって、1件目の買取業者で決めてしまうというのも心残りだろう。そのため、できるなら、買取価格が低いだろうと予測される買取業者から査定してもらうという手もある。

また、断る際に、「もし、1週間以内に御社で買取をお願いしたら、この価格で引き取ってくれますか?」という旨を確認しておけばいいかもしれない。

もちろん、その際には本当に1週間以内に他の買取業者に査定を依頼して業者を決めてしまわなければいけないだろう。

もし、時間的に厳しければ、夜間でも出張査定してくれるバイクワンは夜におこない、午前と午後でそれぞれ業者に来てもらえば、1日で3社の査定が可能になる。

いくらでも高く売りたいという奴は、こういった苦労はしなければいけないだろう。









Topics

【概要】 バイクの買取をするなら、複数の買取業者に査定してもらえ、というのが基本と言われている。 ヤフオクなどでもそうだが、買いたいという人が多ければそれぞれが競い合い、高値になっていくも…

【NewTopics】

バイク王

menu

新着情報