ヤマハ・XJR400Rの買い取り事情

XJR400Rの買取事情 ヤマハのXJR400Rはネイキッドの定番。

元々、人気の高いモデルだったが、絶版になってからも人気はキープしている模様。

それを証拠にバイク王では、この原稿を書いている現在も高価買取車種に指定されている。
⇒ 参考買取価格 約48万円

モデルチェンジの度にグレードアップしたXJRシリーズ

通称 「ペケジェイアール」 とも呼ばれたヤマハのXJRシリーズ。400ccのマシンは、1993年に空冷最速のネイキッドを目指して発売されたXJR400が最初。

XJR400はマイナーチェンジを行うたびに標準装備のパーツが豪華になっていくというユニークな経歴がある。

まず発売から1年後の最初のモデルチェンジでXJR400Sとなり、オーリンズのリアサスペンションを装備。

さらに翌年にはXJR400Rが発売になり、オーリンズのリアサスに加えてフロントにはブレンボ製のブレーキキャリバーが装着された。

1998年には燃料タンクが18Lから20Lに変更。400ccながらビッグバイク並の貫禄を持つようになる。

その後もXJR400Rはモデルチェンジごとに機能面の向上、装備の熟成化が行われ、長期間にわたって販売が続けられたが、最終的には2008年に自動車排ガス規制強化に伴って生産終了となった。

XJR400Rを売るなら

バイク王 このように標準装備のパーツで満足が得られるモデルが多かったからか大きなカスタムが行われた車両は少なく、あってもマフラーくらいだろう。

XJR400Rを売る時にはモデルチェンジが行われた年式によって、価格が変動することが考えられる。

もちろん前出のバイク王では年式にこだわらずに高値での買取が謳われている。

状態さえ良ければ、ブレンボやオーリンズが装着された時期のXJR400は高査定が期待できる。

ただ、悲しいかなXJR400Rは絶版バイクといっても、プレミアのつく旧車というほどでもないので、日が経つほどに市場価値は下落していく傾向にある。

当然、XJR400Rの買取価格もそれにともなってダウンする一方であることは言うまでもない。1シーズン過ぎる毎に相場は下がると思って間違いない。

XJR400Rの売却を考えているなら、季節が変わる前に動いた方が得策だろう。

Topics

フィード