ヤマハ・V-MAXの買い取り事情

V-MAXの買取事情 ヤマハ・V-MAXは発売から20年以上モデルチェンジが行われなかった超ロングセラーの人気バイク。

現在バイク王の高価買取対象車に指定されている。参考上限買取価格約69万円。

このほかゲオバイクの旬バイクキャンペーン
バイクブーンでも高価買取の対象にもなっている。

いずれも月ごとに対象車種は変更になるので、事前にウェブサイトでチェックしてみるのがいいだろう。

Vブースト付きの逆輸入フルパワーモデルが有利

V-MAXが今でも多くのファンを魅了する理由は、やはり「剛球一直線」的なその性格にあるだろう。

Vブーストと呼ばれる装置を搭載したそのエンジンは、加速力ではポルシェ以上と言われた。

1985年のデビュー当時は輸出専用車だったが、アメリカではゼロ発進加速を競うドラッグレースなどで注目を集め、ハーレーライダー達からも唯一「クール」と認められた和製アメリカンとの逸話も持つ。

後には日本国内仕様車も発売になるが、Vブーストが省かれた国内仕様は逆輸入車に比べて馬力が劣ることは否めず、後付のVブーストキットなどのカスタムパーツが販売される事態にもなった。

その後2008年までモデルチェンジが行われなかったことからも、いわゆる"一芸に秀でた"魅力のほどが判る。

新型のV-MAXは機能的には初代をしのぐものであるが、それでもあえてVブーストを備えた"旧型"を望むファンは引きを切らない。

それゆえに今でも逆輸入の旧型限定車の人気が高いといえる。全般的にフルパワーの逆輸入モデルの買取相場の方が高くなると思う。

V-MAXを売るなら

バイク王 とは言え、比較的、おとなしい使われ方をしている国内仕様のV-MAXであれば、車両の状態が良ければ高価買取が期待できる。

いくらVブーストが目玉だとは言え、ものによっては、かれこれ20年物となるバイクだけに、純粋に中古車としての程度が良い個体が査定の評価も高くなるのは当然だからだ。

V-MAXを売る場合、バイク王では旧型・新型ともに高価買取車種なので、状態の良いノーマルに近い車両なら高値が期待できる。

バンス管などの社外マフラーに交換している場合でも、純正のノーマルマフラーが手元にあるなら、バイク王での買取価格には影響ない。

一方、ダッシュ一発の加速性能をさらにアップさせる為、ニトロを搭載したり、大型のラジエターに換装したようなヘビーカスタムのV-MAXなら、カスタム車の買い取りに強いバイクワンの方が有利に売却することができるかもしれない。

Topics

フィード