ヤマハ・SR400の買い取り事情

SR400の買取事情 ヤマハ SR400は1978年の発売以来、ほぼ30年に渡って基本設計やデザインに大きな変更が加えられずに販売され続けてきたという超ロングセラー。

中古車市場にもかなりの台数が出回っているので買取価格の下落が心配される。

とは言え、この原稿を書いている時点でもバイク王の高価買取車種に指定されているので、まずは落ち着いて善後策を考えたい。。

また現在、SR400はゲオバイクの旬バイクキャンペーンの対象にもなっている。

旬バイクは通常の買取価格よりも最大で3万円アップ査定される可能性があるお得なキャンペーンだが、対象車種は毎月変わっているので注意してほしい。

カスタムベースとして人気に

30年もの長期間変わらぬデザインを維持してきたということは、ある意味それだけSR400の完成度が高かったということだろうか。

一度はアルミキャストに変更されたホイールが、ユーザーからの要望で元のワイヤースポークホイールに戻されたとか、フロントのディスクブレーキがドラムブレーキに戻されたとかいうエピソードは、少しくらいの機能性ならばオリジナリティの方が望まれたのかと微笑ましくも受け取れる。

その反面それだけシンプルでクセのないモデルだからか、カスタムベース車両としての人気も高かったようだ。

しかしそんな傾向も規制には勝てず、排ガス規制によってそれまでのキャブレター仕様からインジェクション仕様に変更されたあたりが分水嶺だったと言える。 (もちろんそうした環境の変化にも対応できたことが長寿の秘訣でもあるのだが。)

実用性から言って、売る場合にはインジェクション車両の方が査定も高めと思われるが、だからといってレトロなキャブレター仕様にこだわるファンもまだまだ多いはず。

SR400を売るなら

バイク王 状態の良い、ノーマルに近いSR400を売るならやはり定番のバイク王が確かなところ。

あちこち手を加えたSR400ならカスタム車にも有利なバイクワンに査定を依頼してみてもいい。

バイクワンではアフターパーツの分は車体とは別計算で査定するからだ。改造費のかかっているSR400なら、むしろバイクワンに買取を依頼しないと損することになるだろう。

どちらにしてもSR400はタマ数が多いモデルなので、プレミアがつくといったことはない。

高年式のSR400は市場価値も高いが、刻一刻と相場がダウンしていくので、早めに手を打つのが高額査定のためのポイントだ。

Topics

フィード