ドラッグスター400クラシックの買い取り事情

ドラッグスター400クラシックの買取事情 和製アメリカンとして人気の高いヤマハのドラッグスターシリーズ。

その派生モデル、ドラッグスター400クラシックは現在、バイク王で高価買取車種に指定されている。

また、ドラッグスター400クラシックは、ゲオバイクの旬バイクキャンペーンの対象になっているので通常より最大で3万円高く売ることができるチャンスがある。

旬バイク対象車は月ごとに変わるので、まめにチェックした方が良い。

FL風味が持ち味のドラッグスター400クラシック

ドラッグスターシリーズに代表されるアメリカンタイプのバイクは、元はといえばハーレー・ダビッドソンのコピーから始まっている。

"ロー&ロング"と称される車体はアメリカの広大な平野のごとく、あくまでゆったりとした安定感のイメージ。

クネクネしたワインディングを駆け抜けるよりも、やはり余裕を持って楽しみながら直線を走るのが似合う。

ハーレのFL系モデルを模したと思われるドラッグスター400クラシックはワイドなフロントタイヤやディープフェンダー、大き目のヘッドライトに鞍型のシートと、さらに落ち着いた大人の雰囲気が感じられる。

ノーマル車ならバイク王が有利だ

バイク王 アメリカンといえばカスタムが定番のように思う方が多いかもしれないが、クラシックな落ち着きを求める人にはノーマルのニーズも高い。

ノーマル車やきちっと管理したドラッグスター400クラシックを売るなら定番のバイク王で売る方が良いだろう。

バイク王では査定の際、あらかじめバイクを洗車しておく必要はないと言っているが、それでも多少はキレイになっていたほうが心証は良くなるだろう。

せめて、ホイールのスポークを磨いて光らせておくぐらいはしておいても良いような気がする。

また、一般的なチェーンドライブのバイクであれば、チェーンの張りや、オイルが注されているかどうかという点も気にしておきたいが、ドラッグスター400クラシックのようにシャフトドライブの場合は、後輪まわりをキレイにするのもラクだ。

一方、結構ディープなカスタムを施した車体なら、カスタムパーツも別査定してくれるバイクワンに 売るのが有利かもしれない。

とは言え、ドラッグスター400クラシックの場合、車検に通らないほどのヘビーカスタム車はどうしても査定額が低くなるのは仕方ない。

Topics

フィード