ヤマハ セロー250(225)の買い取り事情

セロー250の買取事情 ヤマハ・セローは1985年から25年以上に亘って販売され続けている、息の長いオフロードバイクだ。

セロー250(初期型~2004年式までは225)の最も大きな特徴は、初心者からベテランまで極めて幅広い層から支持を受けている点である。

そしてその守備範囲の広さは、オフロードにこだわらずシティユーズやツーリングなど多方面に亘る使われ方にも重なる。

モデルチェンジ毎の節目で査定額も違う?

セローはその開発当初から、多用途性を追求した「ベストバランス」なバイクという目標が置かれていた。

具体的には走ることだけでなく「転ぶ」ことも視野に置かれた、足つきのよさや車体重量などからくる扱い安さである。

しかし同時にオフロードバイクとしての本質であるダートや急斜面を走っていて転倒した時のため、車体の強度などの安全性も怠りなかった。

そんなところがセローがロングセラーとなった秘訣だと思われる。

セロー225は最初のモデルチェンジを行った1989年の2型ではセルスターターを備えた仕様になり、さらに人気が拡大する。

その後1993年にはリアがディスクブレーキになり、ライトもハロゲン化されたセロー225Wに。

1997年にはリアタイヤにチューブレスタイヤが採用されるなどのマイナーチェンジを経た後、2005年にはフルモデルチェンジで250ccのセロー250として生まれ変わり、「乗りやすいけど非力」な印象をも克服した感がある。

2008年式では排ガス規制強化に伴いフューエルインジェクションを採用。より粘り強いエンジンを持って今日に至っている。

ヤマハ・セロー250(225W)を売るなら

バイク王 これらマイナーチェンジの変遷がセローの買取価格に影響していることは間違いないが、売却の際にはオフロードバイクだけに転倒時のダメージにも気をつけたい。

とはいっても当然プロの査定士の眼をごまかすことはできないので、素直に見てもらうしかないのだが。

セローの車体に大きな痛みがないのなら、バイク王に売ることで問題ないだろう。

他の部分にまで痛みがあるようなら、事故車に強いバイクワンの査定を受けてみても良い。

Topics

フィード