ホンダ・マグナ250の買い取り事情

ホンダ・マグナ250の買取事情 ホンダ・マグナ250はアメリカンタイプながら力強い走りを売りにしたマシン。

絶版となった現在でも高い人気を保ち、バイク王では高価買取車種に指定中。
参考買取価格の上限は約40万円

またゲオバイクでも旬バイクキャンペーン対象車種になっている。

旬バイクは通常より最高で3万円上乗せで買い取られるが、対象車種は月ごとに変わっているので注意が必要だ。

Vツインマグナのモデル変遷

マグナ250は「Vツインマグナ」とも呼ばれ、750シリーズに続く形で1994年に発売開始。

ホンダ伝統のVT系、水冷4ストロークDOHC4バルブ90°V型2気筒のエンジンが採用され、250ccながら400ccクラス並の大きなボディとパワフルな走りが人気を呼んだ。

何度かのモデルチェンジの後2007年の排ガス規制強化に伴って生産終了となったが、途中でその年式のみ採用された仕様の違いなどにより、希少価値のあるマグナ250もいくつか見受けられる。

例えばリジット風のリアサスやハザードランプは、1996年発売の マグナ250・バージョンS のみの仕様。

2006年の最終型のマグナ250は通常メッキのクランクカバーや、フロントホイール中心部、リヤブレーキカバーなどもあえてブラックに統一した印象的な仕上がりだった。

マグナ250を売るなら

バイク王 タマ数の少ない車両は当然、買取相場も高くなる。そんなマグナ250を売るならまずネット査定などで試してみるのも手だ。

マグナ250はアメリカンタイプの車両とはいえあくまで走り中心の性格だったので、他の国産アメリカンの様にチョッパー風に近づけるやり方のカスタムは少なかったようだ。

ノーマルやマフラー交換程度のカスタムでオリジナルパーツがそろっているなら、マグナ250を売るのはバイク王で問題ないと思われる。

ノーマル車を高く査定してくれることには定評があるからだ。

もし大きな改造を施したマグナ250なら、カスタムパーツを別査定してくれるバイクワンに当たってみても良いかもしれない。

ちなみにバイクワンでは事故車、不動車の場合でも買い値がつく場合もある。

Topics

フィード