ホンダ・フュージョンの買い取り事情

ホンダ・フュージョンの買取事情 ホンダ・フュージョンは、1986年に発売された250ccスクータータイプのオートバイであり、後のビッグスクーターブームの先駆け的存在と言える。

当時からその長くて低い車体やシート、大きな収納スペースなどは話題にはなったものの、まだ従来のスクーターとは違うものという概念は払拭できず、1997年に一旦生産終了となる。

しかし入れ替わるように登場してきたYAMAHAマジェスティによってビッグスクーターブームが起こると、その先駆者であるHONDAフュージョンも中古車市場で人気を博することになり、2003年には多くのファンの要望に応える形で再発売されることとなった。

カスタムベースとして生きながらえる

元々、フュージョンはロー&ロングなボディスタイルには定評があったので、復活後も基本的には発売当初の設計が引き継がれた。

フュージョンX、XX、SEなどのカスタムタイプのほか、カラーオーダープランが取り入れられたこともあって中古車市場では多くのカラーバリエーションが存在するはずだ。

自動車排ガス規制強化に伴って2007年には再び生産終了になったが、もともとカスタムベースとして使われることが大きかっただけに、改造用の素体としての新たなニーズも見込まれる。

HONDAフュージョンを売るなら

バイク王 もし。あなたのフュージョンがノーマルだったり、軽めのカスタム車でノーマルパーツも手元にあったりするなら、ぜひともバイク王で査定を受けてみることをおすすめする。

バイク王ではノーマルに近い車体には比較的高い査定がされるとの定評があるからだ。

逆にローダウンや全塗装など、既に派手にカスタマイズされたフュージョンを売る場合はバイクワンの方が高査定を期待できるかもしれない。

新たなカスタムベースとしての需要は期待できなくもないが、アフターパーツに金がかかっているなら、その分はフュージョン本体とは別で査定して貰える可能性があるからだ。

また、事故や故障などで動かない状態のフュージョンでもバイクワンなら、買取価格がつく可能性がある。

海外への輸出や部品単位で流通させたりするスキームを持っているのがバイクワンの強みと言えるだろう。

Topics

フィード